性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

時代が変わる瞬間

別に昭和から平成になった時の事ではありません。

 

性同一性障害から元に戻る人が徐々に増え始めて居る様な気がします。

 

女性化してしまった人は相変わらず時代の流れを知る由も無い様ですが…

 

性同一性障害ブログランキングとかいうサイトがありますが、FtMは増加傾向にあります。

でも、MtFの方は…減ってますね〜

 

そろそろ、気付き始めたかな?

 

既に女性になって生活して居る人も本当は、性同一性障害のままなんですよ。

男であることは間違いないんです。

遺伝子が、男性なのですから。

外観が女性に似た者に成っただけ。

戸籍とか名前も女性には成りましたが、根底のDNAは男性のまま。

 

ということは生物学的には相変わらず男性なわけです。

ところが、ゲンキンなもので、性別変更されて女性として生活し始めると、自分の本来の生物学的性別も女性になったと勘違いしてしまう人も多く居まして…

 

でも、性同一性障害ってどこまで行っても性同一性障害なんですよ。

死ぬまで…いや、ひょっとしたら死んでからも…戒名とか居士とか…書かれたりして…。

 

私は戒名とかは不要です…と宣言して居ます。

本名が好きなんですよ。

父や母が悩み抜いて付けてくれた名前ですから。

だから、たとえ…この先…改名するかもしれない事になったとしても、読み方を変えるだけにしたいかな。

 

それとも、社会的には自分で付けた名前で…でも、心の中ではいつまでも…今まで通りの名前で。

 

まぁ、改名なんて考えて居ませんけどね。

もちろん、性別変更も。

 

そりゃあ、事故とかで男性器がぐちゃぐちゃになって、切除とか必要であれば、それは生きるためですから、そーならざる得ませんが…。

でも、そうなったら…たぶん…死を選択すると思いますね。

だって、自分一人を助けて貰うぐらいなら私以外の未来のある子供達を助けて欲しいですから。

 

私は…ね、聖人君主として死ぬのではなく…

『あ、死んでら!』

で、良いんですよ。

いつの間にか死んでた…

 

それが、私の望みです。

何が残せるのか?

昔はよく考えて居ました。

今は…いっぱい残したなぁ…って。

私にたくさんの人が関わって、その人達の人生すら私は変えてしまった…良い人生に成りつつある人も居れば、不幸に見舞われた人もいるけど…

多くは、私より…幸福の様子。

 

うん。良かった。私は、自分の事のように彼ら彼女らの幸福を見ました。

 

私と関わって不幸になってしまった人は数人…でも、本人達は不幸になったとは思って居ないようだから…それも一つの幸福なのかな?

 

あとは…私自身の幸せ。

 

こればかりは、なんとも言えないかな。

 

ただ…昨晩ゲームしながら…寝落ちしちゃったんです。

その夢うつつの中で

『あーこのまま死んでも悔いは無いなぁ』と。

 

それほどまで、身体も心も疲れて居ました。

結果…爆睡寝落ちでした。

 

先月までは、毎週土曜日には、薬を飲んで居たんですよ。

でも、今月に入って飲まなくなった。

 

もう、どーでもよく成りつつあるんです。

私の身体は男性らしさが少しずつ消えていく気がして居ます。

男性特有の汗の匂いに敏感になって嫌悪を抱くようになりました。

自分の匂いは…自分では分かりにくいのですが、無臭に近い感じがします。

女性特有の匂いとも少し違う感じ。

 

加齢臭とかは無くなりました。

男性器は萎縮中。

胸はあまり変わらない。

左が膨らんでいるけど右は…

ドスコイ!

な感じw

 

太っては居ないです。

体重は53キロぐらいに落ちました。

体重は減っているのに身体つきは丸みを帯びる…

言葉遣いはそろそろストレスが…

 

『オレは!』って本当は言いたいけど…

もう言えなくなっちゃった。

恥ずかしくてね。

だから、『わたしは』って母と話すときにも言っている。

 

昔は、女装衣類が母によって見つかったときとか…よく言われて居たなぁ

『オカマ!』って。

オカマじゃないよ〜って自分でも何とか説明しようとして居たけど…出来なかった。

 

本当に、あの頃は分からなかったな。

 

自分には身体の性別も何だかおかしくて、男性とちゃんと認識できる感じじゃなくて…しかも、心の中では女の子としての自分も居て…それでいて、突発的な出来事や両親が知人とかにわたしのことで何か言われた時は、本当に申し訳なかった…な。

 

『息子は結婚しないのか?カタワなのか?』とかいう意味を知らない馬鹿な大人とかも居て…

すごく嫌だった。

父は何となく気づいて居たのかもしれないけど、ああ…母も薄々…

 

でも、私のことは、ほっといてくれた。

時期が来たら…話すかもしれないけど…そのまま話さないで見送る方が、良いかもしれない…と最近思っているかな。

 

父が亡くなって、母だけになった今…

この先母が父の元に召されるかどうかは知らないけど…逝く事になったら、私はひとり残るけど、あとは『勝手に生きて勝手に死んでも良いわよ』と私への箍を外してくれた。

 

生きる…って難しいな…ようやく、それを知る年齢になった。

若い時は、分からなかった。

でも、会社でも…今はそういう事を知らずに仕事している人も多い。

 

この先…私は何年生きられるだろうか?

 

永遠の眠りが、勝手に訪れる事を毎日祈っている。

広告を非表示にする

不謹慎な人達ばかり

性同一性障害MtFと言うことは、男性から女性に性別移行する予定の人達の筈。

 

と言うことは、本来なら自分のブログの中で、お悔やみとか言ってもおかしくは無いと思うのですけど?

 

心が女性だからこそ、哀しみも分かると理解出来なくても、一緒に見ていけると思うのですけど?

 

亡くなった方は、既に口を出せる立場では無いけど、遺された夫が聞いた最愛の妻からの最後の言葉…

 

私も言って見たい…

 

言われたい…と言うのもあるかな。

 

でも、無理。

私はあんなに強くいきられない。

まるで、純愛小説か純愛の映画を見ているかの様。

 

自分を女性と思うのは勝手ですけど、自分のブログに想いを感じて書くことぐらいできる筈ですが…

書いている当事者って…皆無。

 

全て、『自分本位』

 

本当はそうでは無い筈なのだけど、何故か…性同一性障害MtFな人たちのブログは何故か男らしい^^;

 

見え隠れするんですよ。 

文面は女らしく…でもその中身は男そのもの。

 

それでいて、女性化を主張している。

声高らかに。

 

こんなのが、本当に性同一性障害なのか?

 

人間の本質って…いや、優しさなんて言葉にしなくても、態度や生き方で示せると思うのだけど。

 

今の性同一性障害MtFと自分を謳っている多くの人たちは、優しさの本質を履き違えている。

 

優しさの反対側は厳しさなんですよ。

 

厳しさの中に優しさが欠片だけ入っている。

でも、その人が本当に厳しさの中で生きているのならば、その人の本質はとても優しい世界に居ると思います。

 

優しさだけでは生きていけない世界に私たちは居るんです。

 

性同一性障害MtFの多くは、優しい世界にこそ、自分たちだけが生きられると?

そう思って居るのかな?

 

だとしたら、この世界で生きていくのは難しいです。

 

この世界は大きな厳しさの中に欠片だけの優しさがあり、欠片だけの楽しさ、哀しみもあるんです。

 

たまには、いや…

常に厳しさの中に欠片の優しさを持ち合わせて居るのならば、その方こそ、生きられる限り一生懸命生きて、そして、逝って欲しい。

私も、そうしたい…一人です。

この場合は…

よく、性同一性障害MtF?のブログで女性ホルモンの効用とか書いているでしょ?

アレって、薬事法違反とか医療行為とかに問われないのかな?

 

ふと、そんな事を思いました。

 

そうかも知れない…と思っている人に指針を与える行為自体、医療行為?とも受け取れるわけで…

 

そー言えば、芸能人とかはそういう言葉自体が出てこないように配慮しているなぁ〜。

 

コレは…もしかしたら、規制が入るかも。

 

そうなったら、本当に治療?とかしてブログで報告している性同一性障害?の人達を信じることが可能なのか?

 

という壁に当たるね〜

 

当事者たちがそうした行為をブログで報告して、処罰を受けるのなら別に構わないけど、それを読んだ人が真似したい…と思っても不思議では無いってこと。

 

でも、それって、医療行為の助長になるかも。

危険だよね。

 

いくら、ブログで個人差があります。とか、危険です…とか書いても自撮り載せている時点で、効用を見せているわけだし…。

 

分かっているのかな?

当事者たちは…

 

私も薬自体は箱ごと撮ってアップしたことあるけどさ。

でも、実際に服用しているのか?なんて事は、読んでいる人には分からないもんね。

 

自撮りで証明?

 

いやぁ、それはしないと思うな。

だって、露出狂では無いので。

羞恥心は、男だろうが女だろうが…持っているのが、『人間としての証』なわけだし。

 

それを考えたら…

性同一性障害で、MtFとかAGは人間では無い?

 

ああ、なるほど…そう考えると全て納得できるわ。

 

著名人が、亡くなった時…

かつて、自分も親が亡くなった時のことを思い出す。

 

これから…大変だなぁ…

って。

 

通夜、告別式、お別れの会…

公式行事が目白押し。

その内に新盆があって、1年間の喪に服し…一周忌…三回忌、七回忌…

 

本当に…残った家族のプレッシャーやらストレスは…計り知れない…と思います。

 

でもね…亡くなった本人は、生きている時に、『たった一回限りの人生だから』と思っていても、自分の思った通りの生き方が誰もが出来る…なんて、ごく僅か。

 

殆どは、『死にたく無い』じゃないかな。

特に性同一性障害?の人達は…

 

本当に…

性同一性障害であるのならば、今を自分らしく生きよう…って考えるのが普通なんだよ。

 

それは、性別がどーの、こーの…じゃなくて、『自分とは?』から始まるんだ。

 

自分の中にある哲学に基づいて、今を生きようとする。

その結果、身体を心に合わせようとするけど、それでは解決しない。

 

解決したと思っているのなら、それは

性同一性障害ではないという証拠。

 

難しいでしょ?

 

私はおそらく性別違和を永年持っていて性同一性障害である。

でも、それによって、どーするわけでもなく、今までと同じ様に接してくれれば私はそれだけでいい。

 

ね?

単純でしょ?

 

性別違和や性同一性障害って、表舞台に出して身体を変え不確かなココロに準じた身体にして、生きていくだけでは無いんだ。

 

それでは、つまらないんだよ。

だって、生まれてきた経緯を否定するわけだから。

自分に性別違和があると思った時点でその人は死ぬべき存在なんだ。

 

見かけの性別を変えたところで、私には幸福を感じることが出来ない以上、せめて、人間たちを好きになろうと思った。

 

男女個人は正直苦手かな。

好きでは無いけど嫌いでも無いけど…

愛せないと、思った。

 

人間って矛盾だらけなんだ。

だから、私は今も『見ている』

本当に私の『チカラ』が必要となる日が訪れるまで。

広告を非表示にする

この人達って…

一般人は、『誰が亡くなろうと関係ないわ。』

なのかなぁ?

 

自分の環境に最も近い人が亡くなると、

人は悲しみを感じるのだけど、タレントとか芸能人が亡くなっても、一般人は、

『ふーん』

終わる。

 

ううん。違う。

関心が無いんだ。

それは…心が純粋では無い証拠なんだよ。

 

性同一性障害は、心が純粋過ぎて起きる症状なんだ。

だって、身体と心の性別が不一致を起こしているわけでしょ?

これを不純とする人は、やはり心も汚れている証拠なんだ。

 

純粋に考えれば、何てピュアな人なんだろ?って思わないのかな?

 

私は、ちゃんと、全く関係の無いブログにもちゃんと、書いたよ。

ここでも、書いた。

 

でもね…

 

性同一性障害とか言っている人たちの多くは、全くその事に触れてもいない。

 

それの何処がピュアなのさ?

 

一人の有名な方が亡くなったのと自分の大切だった人が亡くなったのと人の死に際して関係なんて無い!なんて、よく言えるなぁ…って思う。

 

前にも書いたけど…

私は『人間全ては好きだよ。愛している。でも、男と女は嫌いだよ。』

 

愛って何?

 

私に答えを教えてください。

広告を非表示にする

34歳か…

ご冥福をお祈りします。

広告を非表示にする

なるほど…

埼玉のLGBTの児童の件の続報がありました。

 

同じ小学校に通って居る子供の父兄からの2ちゃんねるでの話から。

 

やはり、親が精神に異常をもっている…との事。

双子の男の子だったのだけど、片方を女の子にしようと画策した模様。

それなりに、有名な親らしく…

 

ふむ…なるほど、ヤケに2ちゃんねるで、食いつきが良いと思っていたらそーいう事でしたか。

 

たまーに2ちゃんねるでは正論が交わされるんですよ。

 

性同一性障害は、物心ついた頃から不変で一生治らない。

 

その通りだと思いますね。

つまり、先天性で、例え手術で女性になったとしても、今度は逆方向に違和感を生じるわけです。

それ以外に、遺伝子が男性である事に、女性である事に、最大の違和感があって、自傷したり自死に至る場合もある。

 

と…

 

正論ですね。

 

私も同じ見解をもっています。

散々過去のブログで語っていますから。

 

性同一性障害は、先天性だけなんです。

後天性はあり得ないんです。

 

前述の児童には男女の性別違和があるとされています。

男でもなく女でもない…Xジェンダーそのものなのですが、それは、性同一性障害では無いんです。

親によって、女の子にされてしまった子供の自我が本来の男の子の心を外的要因で阻害して性的に虐待した結果なんです。

その虐待は、目で見える代物では無く、精神攻撃による虐待です。

 

病院ではあたかも、子供自身が自分は女の子だと主張していてもそれは、親から言わされている可能性も否定できません。

 

だから、言っているでしょ?

 

子供は親のおもちゃじゃ無い!

 

2ちゃんねるでは、さらにその双子の子供の最近の近況まで書かれていました。

小学校に上がるどころか、つい最近までオムツをさせられていた…という話です。

 

羨ましいと思った事…謝罪します。

可哀想です。

子供が、ね…。

 

親のエゴで、親は子供の幸福を願うものですが、おもちゃにしてはいけないんです。

この親は、親では無く…子供の精神を持った…大人になりきれていない…幼き精神の持ち主であることが判明しました。

 

私は、こういう親を軽蔑します。

そして、この子を性同一性障害と診断した医者も。

 

こんなの、性同一性障害でもLGBTでも無い…

 

虐待です。

 

こんなのが、居るから…私は…

 

やはり、私は延々と悩み続ける必要が有りそうです。

いつか…本来の姿で生活出来ればそれで満足出来るのですが…今はもっと、考えなければならないようです。

 

それにしても…昔からこういう親がいるけど…なんとかならないかな…。

広告を非表示にする

たった一つのことで…

毎日、まぁ〜色んなことがありますね。

 

男性が男装のコスプレに飽きて女装コスプレをする様になって、チヤホヤされると快感に変わり、やがて、本格的な女装をし始め、どうせなら、もう少し胸とかも欲しいなぁ〜って思う様になると、当時としては珍しい個人輸入通販で、女性ホルモンを購入してみた。

そしたら、最初は副作用が凄くて…自分には合わないと感じたのだけど、その内に身体が慣れてくると…性欲の減退とか乳房の原形が出来始めてくる。

常に女装して居たい気分になり、女装して居たら親に見つかり、何とか言い含め様として自分の性別に違和感があると申し出てみた。

当然親は、心配するので精神科を勧められて行ってみると…

 

性同一性障害ですね』

 

あ、私って、障害だったんだ!

 

そこで、勘違いの発症となります。

 

そこから先は、行き着くとこまで行きますね。

中には中性化を求めるあまり、肝臓壊して後戻り出来なくなる人とか。

 

強烈に鬱になって、性同一性障害なのか?精神障害なのか?わからなくなるケースとかも。

 

でも、これって…全部AGなんですわ。

 

先天性GIDでは無いんです。

 

先天性と後天性の境目って、何だろうって思いますか?

 

容姿も関係しているんですよ。

そして、環境も。

でも

本当は、その子が生まれた直前に自死を望んで居たのか?どうか?の違いなんです。

だって、生まれる前から魂は入って居ますから、当然自分が間違った身体に入った事を認めて居るわけです。

だから、何とか生まれる前に死のうと試みる。

でも、出来る事は決まって居ますからね。

結局死ねず、希望した性別で生まれる事は無いんです。

 

生まれてしまったからでは遅すぎて…でも、誰かが気づいてくれるかもしれないという淡い期待を持って自我が確立するまで流れに身を任せます。

 

親に理解があれば…というより、親が異常性別を容認する精神状態の場合はその願いが叶えられますが…それは不幸にも後天性に成ります。

 

親に理解が無いのが、普通ですので当然自分の中だけで葛藤して行きます。

これが先天性です。

 

延々悩み続けるんです。

先天性というのは…。

 

出口なんて、最初から無いんです。

生まれてきてしまった事が最大の不幸で、早く死にたいと願うのが先天性GIDMtFの宿命なんです。

 

でもね…

こういうケースはほんと、稀だと思いますね。

何しろ、事故死すら出来ないんですよ。

どうみても死ぬだろ?と思われた事故でも無傷。

これをどう説明したら良いのか…

酒を飲みすぎて死にそうになっても、一晩経てば…アレ?

病院に検診に行ったら…

健康です。

の診断書が。

不死身かな?と思って色々試そうとするとそれを止める何者かの存在を感じる。

 

運、不運ってあるでしょ?

 

金運は、元々無いですけど、生死の運に関しては、有るんですよ。

必ず生き残る方に1000点ですね。

恋愛運も無いですね〜

というか、自分の性指向がどちらなのか?未だに分かりませんので。

 

男が好きなのか?

女が好きなのか?

それともGIDが好きなのか?

 

だから、極論でしたが

 

『人間は好きだけど男も女も嫌い』

に行き着いたのだと思います。

 

嫌いというのは、正確では無いですね。

 

『興味無い』です。

 

私は自分を先天性とも思って居ません。

後天性でも無くて、普通と思っています。

でも、普通で居ることの難しさは常に感じています。

 

私には自分の性別に違和感がある。

でも、それによって、他人を傷つける様な事は無い。

それが例え、親兄弟であったとしても。

自分の心の中に封印してこそ。

それが私の矜持である。

 

これ…座右の銘にしようかな。

それとも、辞世の句にでも。

 

ま、どちらでも良いか。

なるようになるしかないからね。