性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

法律の落とし穴

前回の続き。

…いつの前回?

 

AG-SRSのヒトの話ね。

※身体構造から分析するのでいわゆる隠語も混ざります。不快と思ったら読み飛ばしてください。

 

シテロンについて。

中性化をさせるわけだけど、前立腺を萎縮させる筈。強い薬だから容量を少なくしてサイクルを作ってあげれば計算通りに中性化していったと思う。

 

ところが、このヒト…最初から肝臓を破壊させるのが目的みたいな事を過去ログを読むと随所にあった。

嘘か誠か分からないけどね。

 

おそらく…

分かってなかったんだなぁ〜…本人も。

 

男性の下半身の構造をWikiとかで図解説明しているからそれを参考にすると…

 

肛門から前面側に前立腺がある。

ここがミソ。

シテロンは、前立腺も萎縮させるから造膣をしない場合は、シテロンを使うのはダメ。前立腺を萎縮させる様な薬は使ってはダメ。

ドライが出来るほど鍛えていたわけでは無い様なので女性化に伴い括約筋や前立腺を刺激して鍛えるのを怠った結果、肛門でイク事が難しくなった。

本来ならばこのヒトの場合造膣をするべきであった。

前面の性感帯の一つ、クリトリスの神経は以前の亀頭部の神経であるので、造膣をしてそこを刺激すればイク事が出来た筈。

 

でも…術後の自慰の話もしていたから、それを読んでみるとちょっと思ったよりも深い位置にクリトリスの再配置がなされた様で手術がヘタだった…というのがアリアリと…(^^;;

 

遅かれ早かれ、このヒトは肛門ではオーガズムに達しない事を知ると思うけど全てが手遅れと気づくのはもう少し後になるかも。

 

自慰をする場合と実際に性交渉をするのでは状況が異なるってわけ。

相手も居るからね。

相手がイったから満足して居るみたいだけど男なんて女の気持ちなんてわからない生物だからね。

元男だったわけだから、その辺は知っていた筈だけど、まさかの知らない様子。

 

このヒト…あと何年生きていられるのかな?

 

言っておくけど、私は男性とも女性とも性交渉をしていないからね。

過去のレイプされた件で処女では無いかもしれないけどw

童貞ではあるかなww

 

はい!ここ。笑うところ!( ◠‿◠ )

 

笑うっていう行為は、心身をリラックスさせるのに最適なんだ。

 

マイナス面に陥った心をプラスに変えるんだ。

喜怒哀楽っていう話を以前したけど、泣いたり怒ったりした後は必ず笑いがあるでしょ?

笑う事は、決して悪いことだけじゃ無いんだよ。

 

性同一性障害関連の法律では、生殖器の廃絶と未婚であり成人して居る事が前提条件になって居る。

女性としての戸籍を得るには…ね。

 

ところが、GIDに関してはそれで正しいけどAGに関しては、訴訟になったりして居る。

このブログでも散々語って居るけどAGだったら、SRSはしてはダメなんだ。

 

性別違和を伴うGIDの場合は先天性や誕生後の3歳ぐらいまでの間に何らかの要因に於いてGIDを発症させる事が起きたのを条件に盛り込まないとならない。

この場合は悲劇以外何者でも無いから性別違和を訴えた時点でSRSも無しで心の性に準じた性別を与える必要がある。

生活環境も…例えば学校とかも配慮が必要になると思う。

 

でも…AGは、後天性というより、成人してからが多い。

それは、何故か?

外的情報によって興味を抱くから。

だから、AGの人が必ず最初に唱える呪文は決まり文句にある。

 

『小さい頃からスカートとか履きたかった』

 

性別違和GIDから見ると

『うん。履けば?』じゃないかな?

こっちは…(私自身よく分からない生物だから…ねぇ…)普通に履かされていたわ…って話。

 

その後に繋がる文言呪文も大抵同じ。

 

『女の子達とおままごととかもしていた…かも』

 

私ね…『はいぃぃぃ?』よ。

 

私なんて遊び相手は女の子達ばかりだったよ。おままごと?そんなの幼児がする遊びで男の子も女の子も混じっていたわ。当時の私はむしろゴム跳びとかやっていたわよ。

 

バカにしないでよ!

 

…つい昔の言葉遣いが…(^^;;

気を許すと…(^^;;

 

今はオトコ今は男…うん、良し。

 

失礼しました。気を取り直して。

 

少しだけ回帰してみます。

私が幼稚園から小学生になった頃…

クラスの遊びで男子にも出来る、女子の遊びを持ち込んだのは…私です。

 

おはじきを男子にも遊べる様にアレンジして、持ち込んだらクラスで男女関係なく休み時間に遊べる様になって一時期熱中していました。

ルールさえ確立させれば、男子でも遊べる事に気付いたんですね。

 

…どこまで書いたかな?…ああ、そうね。

 

AGの人か?性別違和GIDの人か?

その言動に基づくブログの最初を読むと大抵葛藤を導入部にしている。

 

私の場合…ここのブログ、最初からヘビーな内容でしたけどね。

実は別ブログからの移転でしたので最初に何を書こうか?と思ってあの文章を入れました。

 

AGの人は大抵、葛藤から。

でも、その文章の気持ち悪い事…この上ない。

自分の心は女の子なんですよ〜

が、ありありと…

 

そんな事書く必要も無いのにね。

主観的、客観的に自分の意見を述べた方が精神的にも良いはずなのだけど?

 

壮絶な過去を持っている…

それだけで充分と思うけど…?

 

何故かAGの人の過半数以上は、ブログの最初に自分の性癖を描く傾向がある。

見ているのは自分だけ。

 

そういう意味では私も同じかな?

 

まぁ、私は自分でオトコでもオンナでも無いと思っているから。

それだけ、ココロが壊れている証拠なんだけどね。

書くことが好きでここに洗いざらい書いている。

 

AGの人…私から見ると可哀想に思えるよ。

だって、性別に縛られているから。

 

性別違和GIDの場合…私みたいな…w

精神的には異常性は、無いのよ。

鬱になった…人もいるかも知れないけどそれは、薬の飲みすぎね。

 

自分の性別に違和感があるだけ。

 

そこで、問題になるのが性自認

 

性自認を中心に考えると…わたしの性別違和はオトコでもオンナでも無いわけだから中性?となる。

この判断が難しい。

 

GIDやAGの前提条件に身体とは違う異性となる筈だから、私は立場的に異なるという事になる。

何しろノンセクだからねー

相手に対してもノンセクだけど自分もノンセク…困ったもんだ(^^;;

 

人間全体は好きだよ。

でも、男と女となると、両方とも嫌いだし好きという感情が欠落している。

まぁ、思春期の頃に派手に転んだ経験でそうなっちゃったんだけどね。

その話は追々…後ほど。

 

法律は、全体を見ているから、個別に対処するのは難しい。

一口にGIDと言ってもその中には多種多様魑魅魍魎な…

 

性別違和GIDとかAGとか色々あるわけ。

 

二つしかないじゃ無いか?

 

うーん、私もまだまだ、勉強不足なんだよね。

私の知らなかった世界があるかも。

それぞれのケースにあった法律にしないと今後も悲劇ばかり起きると思う。

 

それと、性同一性障害の紙切れ一枚でGIDと認める…アレ、やめて欲しいかな。

だってAGも全部一緒としてGIDとして認めるって事でしょ?

 

最初はどう見てもオトコなのにその紙切れで徐々にオンナに変化していくの…

自分はそれを盾に出来るけど周囲の一般の性の方達は、見たくも無い化け物に変化していくのを目の当たりにするんだよ。

GIDを理由にオトコなのにオンナとして雇えって…私が経営者だったら…

一昨日来い!だね。

 

何?それこそ、差別じゃ無いのか?

 

ううん。違うよ。一般の性別の人を守るのも経営者の役目。

不快感を抱く従業員も必ずどこの職業にもいるからね。

その一人が入った事で足並みが崩れて生産性が低下するのを黙って見ているだけの会社はいずれ…倒産すると思う。

 

人心掌握術は、マトモな経営者だったらまずは今いる社員を第一に考える筈。

これから入ってくる性別が混乱している人を雇うのはリスクもあるから。

 

オトコだけどオンナとして雇え…

 

嫌です。

 

ですね。

広告を非表示にする