読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

会社に恋をするという事

私は今の会社に恋をしている。

 

人ではなく会社?

 

ええ。そうです。

 

実はこれが一番大切なんです。

好きでも無いのに働くのは苦痛ですから。

だから、私は先ず最初に会社に恋することが出来るのか?

を試しました。

 

人間同士の恋愛と似ていますけど…ちょっと違うかな?

 

結果、私は今の会社に恋をしました。

(ど変態?何とでも言ってくださいw)

 

何年か働いて…連続ではなくてどちらかと言うと1ヶ月置きに2ヶ月間というペースでしたけど。

 

ようやくこの春、相手からのアプローチも何度かあり相思相愛になりそうな感じまで漕ぎ着けました。

 

まぁ、単なるバイトから契約パートになっただけなんですけどね。

 

仕事の内容は、バイトの現在と大して変わらないんですよ。

今も…これ、バイトの仕事か?と思える様な内容ですし。

 

どうして、この会社に恋をしたのか?

 

ここね。ジェンダーフリーなんですよ。

男性中心と最初は思っていました。

でも、中に中に入り込むと女性あっての会社と気付かされるんですね。

 

男女間のセクハラにはとても厳しい会社でした。

 

だから、私の様な性別違和GIDにとっては過ごしやすいんですね。

 

どういう会社?

 

えーと、詳細は避けますけど、流通関係の会社ですね。

 

一応支社ですけど…w

 

扱うのは軽いものから重いものまで。

 

うん。これ以上は内緒。

 

この会社では男も女も同じ事をしています。

仕事が出来なければ辞めていくだけです。

まぁ、辞めるのはバイトの人が多いですね。

身体が慣れるまで大変ですけど、どんな仕事も慣れてしまえば楽になります。

 

人間って楽に生きようと思えばどこでも楽に生きられるんですね。

私はこの会社で知りました。

 

多くの性別違和GIDの方達は選ぶ仕事を間違えているんです。

 

自分はココロはオンナだから出来るだけ女性として働ける女性の多い職場を…

 

うん。そこが先ず違うね。

 

 私だったら、出来るだけオトコが多い会社を選択するかな。

 

オトコの会社にオンナみたいなのが入ると男って姫扱いし始めるの。

その人が性別違和GIDだったとしてもね。興味が先に来るわけ。

最初は確かに嫌悪されるかもね。

 

変態とかオカマとか呼ばれるかも。

 

でも、仕事に関しては有能だったら?

他のどんな男達よりも仕事に一生懸命だったら?

やがて、認める様になるの。

それが男性社会の会社の良いところ。

 

私は今の状態になるまで4年掛かった。

まぁ、実質働いていたのは2年弱だけど。

その間に吸収出来る知識は全て覚えた。

仕事に関する事だよ。

 

今では上司だろうが関係なく意見を述べている。

私は同じバイトには優しいからね。

でも、上に対しては別。

少しでも過ごしやすい環境も必要だから。埃っぽいのは嫌なんだ。

(物理的な事じゃなくて雰囲気ね)

 

そうなったら後に待つのは…

 

姫。お姫様…ちょっと違うか…(^^;;

 

男なんだけどオンナみたい…でも仕事は出来るから当然話も合う。

チョットスケべな話にも笑ってくれる。

 

そんなのが居たら会社はもっと楽しくなるよね。

だって、性別違和GIDの人はそこに気の合う人が居れば好きになる場合だってあるわけだし。

個人的に尊敬できるなら恋に発展…するのかなぁ?私の場合も?

 

それは分かりませんね〜^_^

 

でも、少なくとも働くのは精神的な負担にもなるけど、絶対悪では無いと知ることになる。

それは、人間的に成長しているという証。

 

本当は男も女も関係が無い職場を探せば良いのだけど意外と外からでは分からないことも多いからね。

 

これが女だけの会社の場合は違うんだ。

確かに気が楽かもしれないよ。

周り全員女性だけ、だから。

制服とかも与えられて

『私は今日からOL』とか?

 

でも、仕事が出来なければ辞めるしか無いわけ。

出来たところで他の女性よりも下回るだろうね。

たとえ、その会社に恋をしても、周りは全員女性。

つまり、埋没していくしか方法が無くなるわけ。

男が一人居ればまだ、マシかもしれないけど…そういう会社に入るという

普通の男性はマズ居ないね。

 

あえて、そこを選ぶ事とかしないのがノーマルな男性の心理。

 

あ、保育所とか幼稚園とかは別だよ。

確かに女性が多いけど基本的には子供達には男女の差なんてわからないし残酷だからね…子供って…。

 

でも、普通の会社で面接したり、会社内を案内してもらったりすると女性社会の会社か男性社会の会社か分かるはず。

 

仕事の内容が条件と違う…募集と一致して居ない…なんて事は今のこの国の社会ではごく当たり前の事。

 

やってみなくちゃわからないんだよな…

じゃなくて、やらなくても分かる会社を本来なら選択すべき。

 

この辺が難しいんだよね。

 

性別違和GIDMtFで有るのならば、オススメは男性社会の会社かな。

 

仕事は男性と変わらないからハードだけどね。

身体が慣れて来るとどうやって楽に出来る様に成れるのか?を考えるから思考能力も上がる。

そんな事をやっていたら、会社の経営の中枢まで分かったりもしたね。

私の場合。

 

まぁ、結構特殊とは思うよ。

 

だって、本来ならバイト君で済むはずがいつの間にか営業までさせられていた…って分かった時、私…一度辞めたもの。

 

それで、別の子会社で再び働き始めてようやくここまで来たら…前の子会社の人達からメッセージが届いていたね。

 

『うぉぉ!やったー!おめでとう!!』

 

嬉しかったね。

ちゃんと、見ていてくれた人もたくさん居たんだって知った。

 

当然、私はそのメッセージをくれた人に返信した。

 

『ありがとうございます。これからもよろしくね!』

 

その後の返信は無い。

でも、繋がっているのは分かる。

ココロとココロが、確かに繋がっている。