読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性別違和NT私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

今朝の新聞から

今日の朝刊に第三者卵子で出産という記事が載って居ました。

 

内容は、病気や先天性の問題で不妊な女性にボランティアで提供された卵子を用いて出産した…とありました。

 

私には最初から縁の無い話なのですがそれも一つの愛の形。

 

注目すべき点は、ターナー症候群の女性。

卵子が無くても子宮さえあれば妊娠出来るという点。

しかも、出産している。

 

この部分の差は大きいですね。

GIDMtFが、女性としての戸籍を手に入れても永遠に女性には成れない。

子宮を移植すれば…なんてSFな映画でも有るまいしGIDMtFが性転換した所で外観が変わるだけで中身は男のまま。

大人になってから骨格は男性で女性の骨盤なんて手に入りませんから。

そもそも子宮を入れるスペースも無いですからww

 

『リリーの全て』で最終的に子宮を移植されていましたが完全に拒絶反応を抑えるのは無理だと思います。

 

《まぁ、いつか…自己培養された自分の細胞から作った子宮を移植とかも出来る様に成るかも知れませんが…その頃にはGIDなんて居なくなっているかもしれませんし。》

 

ココなんです。

元男性の肩書きが一生消えることが無い

と言うのは。

確かに法的には女性でしょうけど、中身はやっぱりどこまで行っても男性の自分がいるわけです。

たとえ、心が女性だったとしても、記憶を全て塗り替えたとしても、男性だった時間が長ければ深層記憶には、男性の刻印が打たれているわけです。

 

生まれてから20年の歳月を経て男性から女性に成る際、幼少期…いや、乳児の頃から女性として意識を持ち女性としての躾をされ、自我が女性として自己人格形成されたとしても、DNAがどうしてもそれを許さず…いや、その時点で親からの虐待なのですが…幼児の時点で、乳児の時点で生殖器の廃絶をされても結局は元の性別に戻ってしまうのは、実際に『ブレンダ』によって実証されています。

 

『大人になってから』なのは、分別が付くから…と自己判断できて様々な医療行為も全て自己責任に於いて…

 

でもね…

私が見ている限りのGIDMtFの方々の多くは精神的に幼い部分が多いんだよね。

 

完全に情報を遮断して箱入り娘状態で当然教育も家庭で行い見た目本物の女性のように育てたとしても、本来なら男女関係なく外の情報に晒されて成長する本物の女性には成れない…それだった、そもそも産むな!です。

 

GIDMtFは障害という名称が付いていますが障害では無いです。

一般的な病気でも無いです。

 

では、その正体は?

 

思い込みと刷り込みです。

 

私自身がそれを証明しています。

さらに、記憶のすり替えと改変。

 

当事者の多くは『それはありえない』と反論するかもしれませんけど本来の自分だけで体内を駆け巡るホルモン物質…

それだけで、自分を女性としての認識出来ますか?

外観を変えて分泌される男性ホルモンを女性ホルモンに自己転換出来ますか?

 

…そういうことなんです…。

 

多くは出来ません。

いや、そんな事が出来る人が居たら、そもそも、あえて女性に性転換したいとは思わないでしょう。

 

自分を狙う悪の秘密結社からの追手を避けるために男性の自分を女性に転換させて逃げる…SFですか?

 

超人ロック』か?ww

 

アレはマンガですけど、確かに他人のマトリックスを自己転写させて、他人に成り済ます…とかして居ますけど…SFですからね。

 

じゃあ、どうして、GIDMtFがここまで多くなったのか?

 

答えは簡単です。

 

平和だから。

 

そして、ある程度の財力もあるから。

大人ですからね。

情報もそれだけの方に特化すればいくらでもGoogleで検索も出来ますから。

ブログとか読んで一つでも

『ああ、あるある』と共感したら今日からあなたもGIDMtFの仲間入りですww

 

そんなブログやらホームページが溢れているのが現代社会なんです。

 

わたしは、ここまで客観的に見る事が出来る以上…女性にはおそらく成れないと思います。

たとえ、周囲から女性に成りなさいと強制されても身体を作り変えられても…わたしは男性を維持しようと試みるでしょうね。

 

そこに心は関係無いです。

 

いつの頃からか…心=精神となってしまったのか?

 

別物なんですよ。本当はね。

 

そもそも、昔は心は胸に有ると思われてきましたから。

心臓では無く胸の奥底です。

でも、医学の発達?によって、心は脳にある…とされた。

精神が心と同一とされた。

ここから、精神医学の迷走が始まったんです。

 

これってね…魂がどこにあるのか?と同じなんですよ。

 

心=精神=魂

 

何故かこの様な式になってしまった。

この罪は、重いですよ。

 

だって心も精神も魂も…現代医学を持ってしても全く解明出来ていないじゃ無いですか?

麻酔にしても、どうして麻酔が効くのか?

これも実際には分かってなくて使っているんです。

 

医学の発展によって現代社会は、実に合理性良く様々な薬品も作られ完治は難しくても緩和させる事が出来る様に成りました。

 

そう…ココなんですね。

 

完治は難しい。

薬とかで完治は難しいんです。

でも緩和は出来る。

完治させるには外科手術が必要なんです。

 

GIDの事…他の病気と同じに扱っている事自体に本当の問題が隠されている…

私は、そう思います。

広告を非表示にする