読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性別違和NT私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

もう、何でもいいや

また、いつもの夢だよ…

疲れているといつも同じ夢を見る。

 

幸せを感じる?

いいえ。

 

目が覚めて起きて、目覚めの珈琲を飲む頃には内容すら忘れてしまう夢です。

 

今は…ね。

 

でも、これが起きてからも現実での出来事の様に記憶に残る様に成ったら発動する前兆に成ります。

 

伊豆諸島で海底火山の前兆現象があると言うニュースがありました。

やはり、近付いているのかな?

 

私が余りの凄まじい大スペクタル映画みたいに記憶の奥に封印した…もう一つの夢。

アレは誰にも言えないなぁ…

 

スターウォーズみたいな9部作では無くて良かったよ…全部で三部作程度なので。

この内最初の2作分は現実化しています。

残るは…最後の…

 

まぁいいや…なる様になるでしょ。

どうせ、私が護れる範囲は自分自身の血族だけだし。

 

寝ている時だけ幸せを感じる人は、現実が辛すぎるから。

ここで、記憶の改編が行われるわけ。

 

そう言えば、あの夢…いや、何気無く感じたあの夢は…

10年ぐらい前に死んだウチの猫…あれ以来ちゃんと飼うことも無くなったな。

 

いつも、私の部屋に入って来て私の布団の上に丸く成って眠る…亡くなった翌日も実は感じていたんだ。

ずっと朝まで布団の沈む感じを暖かさを感じていたね。

 

想い出は沢山あるよ。

雌の三毛猫でね。

頭の良い猫だった。

12年ぐらい生きたかな。

私の布団の中で破水した時には驚いた。

私を何だと思っていたんだろうね。

何処からか咥えてきた鳥を私の部屋に持ち込んだ事もあったね。

私に狩を教えているみたいに思えた。

まぁ、猫は『見て見て〜』を良くするから…(^^;;

流石ライオンと同じネコ科だなぁ…って思った。

ライオンもだけど、狩をするのは雄じゃないんだよね。雌なんだよね。

 

ん?って事は…ウチの猫って…この頃から私の本質を見抜いていたって事かな?

 

雄は狩をしない…雌が狩をする。

人間社会と逆だ…

 

いつから、人間社会と獣社会が逆転したんだろ?

いや…もしかして、GIDの出現は、回帰なのかな?逆転した社会が、獣と同じ社会に戻ろうとしている…と言う事なのかな?…(^^;;

 

父は猫…嫌いというか、猫が父を避けていたので、私や母が出掛けている時に捨てに行ったらしいけど3日ぐらいで戻って来た事もあったかな。

それでいて…何故妊娠してんだ?…だったかな(^^;;

私より先に嫁に行くとは…愕然としたね(^^)

 

死の直前は、壮絶だったな…

これが生きるって事なんだな…って実感した。

飼い猫に人生を教えられた気がした。

 

猫嫌いな父もこの後から、少し変わった様に感じられたけど相変わらずの酒呑みで…(^^;;

 

私がFFXIで猫族のキャラを使っているのはその猫の思い出が強すぎるから。

我が家にしては、良い猫だった。

 

亡くなった後…当時はまだ動物とかの埋葬がメジャーでは、無かったので環境センターに持って行くと専用機械で焼却されるのだけど、私は飼う猫の度にちゃんとお別れを言うんだ。

『ありがとう。また、いつか会おうね』

 

そう…いつか、会えるかもしれない。

 

その時まで私は思いっきり生きなくちゃ…(^○^)