読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

偉そうな事を言ってもさ

所詮はただのニンゲン。

 

人間だったら別に構わないけど、GiDとか考えると…

ニンゲン辞めているみたい…

 

自分の体内で生成も変換も出来ない異性のホルモン入れてさ、身体は確かに作り変えられるけど本当のところはどうなんだろうね〜

 

性欲抑えたら基本的な欲求が喪失した…

うーん…よく分からないのでWikiで調べてみました。

 

哲学なんですわ。

【欲】という概念は…

人間にとって…というより、生物全部…

食事、睡眠、排泄という基本的な生理は人間を含む生物が存在するために必要な欲…本能。健康な人の場合はこの後に安全欲が出る。

経済的な安定、健康面、幼児ほど脅威や危険に対する反応を全くしない。

大人になるとブレーカーが働く。

本来ならね…

生理的欲と安全欲が満たされると社会欲と愛欲…

 

マズローによると、生理的欲求では85%、安全欲求では70%、愛の欲求では50%、自尊心の欲求では40%、自己実現欲求では10%の達成度で移行が充足されるという。】

と言うことは…だよ。

GiDMtFの場合は…性欲を抑えたらどっち方向に消失するんだろ?

薬を飲むことで安全欲が無くなるよね。

身体に対する自己防衛反応が極端に減少するなぁ〜

睡眠障害になったり、食欲も減少…食欲が無いから排泄もほとんど無くて…でも身体が最初に掲げた目標に近づいているから…自己実現欲は増すねぇ〜

 

でも、これって…人間?いや、生物?

意識の塊…つまり、死者と同様。

 

イヤイヤ…性欲は決して悪いことだけじゃ無いんだよ。

まぁ、春になると必ず変な人が現れて世間を騒がせるけどさ…。

頭のネジが少し緩んじゃった人だから。

 

これって、GiD治療は間違ってますよ〜って暗に指摘しているような…

身体を変えたら心の以前の問題…欲求が喪失した…ってことじゃあ…

危ないなぁ…シテロンだっけ?

この薬は危ないよ。

男性ホルモンを破壊するわけだから。

闘争心とか生きる為の源でもあるんだよね…男性ホルモンって。

女性ホルモンで結果的に男性ホルモンが減少していくのであれば、微量ながら分泌はされるんだけど破壊を目的にした薬は心も壊すよ。

そりゃあ、鬱にもなるよなぁ…

嬉しさって、自分の中の自己実現欲が生み出す妄想で基本的な欲とは違うもの。

 

なるほど…性欲を無くすと生命維持が困難になるのか…妄想の中で自己女性化を強く望むわけだ…

まぁ、そこしか生きる道が無いからね。

 

でも…男性と性行為をするだけのために、自分の性欲が性転換後に出た人もいるよね…あれは何だろ?

ああ…あれは…自己実現欲が満たされたから原点に回帰したのか…

 

うーん…そう言えばGiDMtFの性転換後に最初に自分の意識下でチャレンジするのは排泄だよな。

排泄が満たされると食欲、睡眠…なるほど…理に適っているな…術後は。

 

でも、そこに至るまでにGiDMtFの人たちの多くは、人間である事を辞めなければ成らないわけだ。

いや、人間じゃないな…生物であることを完全に止めて…そこから手術によって生まれ変わるのか…文字通りね。

 

うん。GiDMtF場合の治療はやっぱり間違っている気がする。

だって、魂の根源自体否定しているもの。

死んだ後…なんて分からないから今を生きたい…で、性転換?

強ち間違ってはいないと思うけど、何故、そう思ったのか?だよね。

女性の異性装からの場合と男性の異性装からの場合とでは丸っきり違うんだ。

女性が男装しても、違和感が無いのはファッション自体男性側と融合しつつあるから。

機能的だからね、男性の衣類は。

社会で活動したいという欲求が芽生えれば必然的にオヤジ化するのが女性。

でも、本質は女性だから恋愛すれば女性ホルモンの分泌によって本来の性質を取り戻すわけ。でも、仕事は別!って考えている女性の方が多いと思う。

 

でも…男性は?

男性の異性装は、害悪だよね。

一時、スカート男子というのが流行った?かも知れないけど、そういう人が飽きた時…女性化を望んだのか?というと、そうでもない。

あくまでもファッションの一つと捉えていた…という見解だよね。

 

本当ならば、ファッションなのだから男性にも女性の衣類との融合が有るはずなのに社会が認めていない。

不条理だ…(^^;;

 

動物に例えるのも何だけど…昨晩のテレビの番組で動物に関して放送していたけど…ペンギンの生態に関して…。

 

ペンギンの雄は、雌の産卵期に成るとまず必ず毎年決まった所に集合して巣作り。つまり、家を作る。

そして、出産のために思いっきり体力を付けた雌を待つ。

カップルが成立すると産卵…卵は雄が暖め、外敵のカモメから身を呈して守る。

雌は雄に与える飯を求めて再び海に…

つまり、狩に出掛ける。

 

人間社会に例えると…女性は社会に…男性は家で子育て…あれ?逆だ…

人間だけなんだよね。

外に出るのが男っていうのは…。

狩に出掛けるのは男…これが人間。

家を守るのは女…これが人間。

 

でも、もし…人間も他の動物と同じだったら…

そもそも、性別違和なんて感じるヒマなんて無かったんじゃあ…

何しろ、男は家庭を守るのが役目。

子育てをするのは男の役目。

じっと女…妻が仕事から帰って来るのを待つ…獲物を持って…給金?…ああ、今夜の夕飯の材料か…w

 

妻は外ではオヤジ化するかも知れないけど家ではじっと待つ夫の良き妻に戻る。

 

うん。これが可能なのが女性なんだ。

男性では無理なんだよ。

切り替えが深層心理で変換出来ないんだ。

でも、そうするとGiDFtMの場合は?と思うでしょ?

 

私が思うに…GiDMtFとGiDFtMは根本から治療の仕方が違うと思う。

GiDの意味すら違うと思う。

性同一性障害というのは、男女共用に使われているけど、本当はGiDFtMの為の症状をさす為の言葉。

GiDMtFの為では無いと思う。

 

本当はGiDFtMの方が深刻なんだけどね。

GiDMtFの当事者達は、自分の方が大変だ…と思って、どうやっても悲劇のヒロインになった気になる…でも本当に深刻なのは…GiDFtMの方だと私は思うね。

 

私は自分がどうであれ…このGiDというのをもう少し考える必要があるみたい。

 

何しろ…自分が一番可哀想よ…と思うのはGiDMtFに多いんだよね〜

ヒロイン症候群ってやつねw