読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

Eテレから

今、不意にテレビ点けたら熊本地震の事していた。

 

そうか…もう1年経つんだ…

 

そう思いながらEテレ見たら…

ロンリのちからという番組をしていた。

 

なかなか面白いね…これ。

 

前提と飛躍ね

 

身体が男性の私にはココロが女性でありその事に関しての性別違和が継続して

ある。

性別違和は性同一性障害である。その為に治療を必要としている。

だから私は性転換をした後女性になる事が出来る。

 

え?

論理破綻していないか?コレ…

飛躍かな?

 

これだと、性別違和を持っているMtF全員…最終的には性転換して女性になれると思っている…って解釈になるのかな?

 

前提は正しいかもしれないけど…過程が間違っていたら…結論では後戻り出来ないよね。

コレって治療って本当に言えるのかな?

もし、過程において性別違和と性同一性障害は全く異なるものであり治療を必要としない場合と必要とする場合が存在し必要としない場合は環境自体の寛容によって緩和する場合もあるが、治療を必要とする場合には孤立や危険性もある。

 

とするならば…結果は異なると思う。

性別適合手術をしても、完全に女性になることは不可能である。

生殖器を喪失させた別種の人類の誕生である。

 

これが正解じゃないかな?

 

本当に…MtF性同一性障害で、今も診断されないで悶々と悩んでいる人って多いと思うよ。

女装しても満たされない…女性のように振舞っても満たされない…渇いたココロを満たすものはこの世に無い…

そう思っていても、理解されない…

そんなのは当たり前。

でも、そこから一歩踏み出したら世界が変わって見えた。

 

ようこそAGの世界へ。

 

なんだよね…。

 

性別違和が特別な存在なんかじゃ無い。

そうで無い人達が特別なだけ。

自分は自分。

心の性と身体の性が不一致でも生きていられるのが本当のGID

人って…外側だけ見て…その人の性別を判断するからね。

動物は本能的に相手の性別を知るんだ。

 

外観が男性だったら男。

外観が女性だったら女。

ってね。

でも異性装されると混乱する。

脳が…ね。

 

性同一性障害が生まれた土壌にこの脳の混乱があるんだ。

どう説明してどう自分を納得させるのか?と考えた末…医者が出した答えがこの性同一性障害だったわけ。

 

もしかしたら、本当は違った障害というか病気だったかもしれなかったのに…

これが、今の悲劇を生んだのかも。

いや、関係ない人にとっては…喜劇かな。

やがて、LGBTの運動とかも出てきたけど…アレも何だか…ウーマンリブの運動に似ていると思うのは私だけかな?

 

時代が変容する時には必ず…環境の激変があるんだよね。

明治維新大正デモクラシーもやがて訪れる覇権を狙う戦いに巻き込まれていった…性別の相違なんて考えているヒマない…生きるのが必死の時代。

どうやって、誰よりも先に死すか…お国のために…特攻して貢献を示すか…

 

何だか…GIDMtFとかAGとか今の環境に似ているね。

 

私は戦争を知らないよ。

戦後生まれだからね。

でも、戦争の記憶は両親…祖父母から聞かされていたから覚えている。

学校で学んだ歴史より一般社会での事を…多く知っている。

 

飛躍しちゃったかな?論理破綻している?

 

何だか…歴史は状況とか環境を変えつつも繰り返している気がするよ。

 

何だか…イヤな予感もしているから…

この気持ちは分からないだろうな(>_<)

 

※…マズイ…また、例の頭痛が始まりそうだよ…また、有るのかな?…地震?いや、それとも…戦争?…

自分の性別違和も大変だけど…この能力の方もなんとかならないかしらね…(^^;;

広告を非表示にする