性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

何か…違う

昨日のノンフィクションという番組で性同一性障害で、元男性(現在の戸籍は女性)の方の顔の整形シンデレラコンテストという番組をしていたのを見たけど…

 

やはり、違うんだよね〜

 

他の女性たちと。

 

水着新作があって、全員黒の水着姿なのだけど、臍の位置が、一人だけ違うの。

明らかにその人は元男性と分かる。

 

手術して、確かに男性から女性に似た存在にはなったけど、体のつくりそのものがどこから見てもやはり男性なんだよ。

 

ふっくら感が、無いの。

痩せているというより、身体の見た目はどう見ても男なんだよね。

脂肪は大切なんだ。

多くのGIDMtFの方はみんな勘違いしているのだけど、脂肪を燃焼させすぎると筋肉に変わってしまうのが男性という遺伝子を持つ存在なわけ。

 

結果、女性に似た身体には成ったかも知れないけど骨格から見ても脂肪のつき方から見ても、どこからどう見ても…元男性には間違い無いんだよ。

 

そもそも、女性の脂肪と男性の脂肪は役割が違うんだ。

女性の脂肪は子供達を守るための脂肪。

クッションにしても柔らかい方が安らぎを感じるのは、母親に抱かれた経験を持つから。

包み込む事が出来るのが女性の脂肪なわけ。

でも、男性の脂肪は硬いんだ。

だから筋力に変化してしまう。

それは、ホルモンをいくらやっても、GIDMtFで性転換してもどうにもならないんだ。

遺伝子レベルで男性なのだから。

 

だからこそ、GIDMtFと自覚したらホルモンをする前にやっておかなければならない事がある。

 

それは、脂肪を蓄えること。

適材適所に脂肪が配置される様に計算する必要があるというわけ。

特に、収入が比較的安定する25歳未満は除いてそれ以上の人が将来的に性転換を望んでいるGIDMtFであるのならば、余計に脂肪を蓄えつつ筋力は別に鍛える。

痩せすぎない様に気を付けながら女性化するためにホルモンを摂取する前の段階を踏む必要があるわけ。

 

それは、何かと言うと…女性ホルモンの受容体を確認するという事。

 

それが無ければそもそも、性転換なんて考えない方が良い。

 

私にはその条件が全て当てはめることが出来ていた。

でも、性転換は、たぶん死ぬまでしないと思う。

カミングアウトはしても、完全に女性化させる危険性を知っているから。

 

有事の際に…GIDMtFは、女性として扱ってもらえない場合があるから。

 

守られる立場?

 

バカ言ってんじゃ無いよ!

 

困っている人が居たら助ける。

これは、ヒトとして当たり前。

でも、自分も助ける方に回らないと周囲からも信頼されない。

結果、生き残れない。

 

有事の際は性別なんて関係なくなるから。

男性も女性もヒトとして、助け合う。

これが人間という証拠。

でもGIDMtFとかは違うよね。

守られたいんだよね?

 

私には無理だなぁ…

守れるものなら全部守りたいもの。

この命がそのまま消滅しても、本当に守りたい人が居たら守りたいな。

 

そしたら、本当は守られて居たりして…乙

広告を非表示にする