読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

この人…ダメだ。

テレビの情報番組一つ取り上げて目くじら立てなさんなよ。

 

たかが、タレントの言葉ですよ。

デビィ夫人だっけ?

私もこの人好きじゃ無いけどね。

 

同性婚に関してのコメント述べたらしいけど、おそらく…正論だと思うよ。

 

世間一般で、情報の共有がされている今の社会で、同性婚に対する認識ってそんなもんだと思うよ。

 

子供を作ることが責務なわけだし。

結婚というのは…ね。

同性婚では、この問題はクリア出来ないわけだから当然反対意見もあるだろうね。

 

それに関して、いかにも『私もその1人です』なんてオカシイと気付けよ!

 

この人…既婚性同一性障害とか言っているけど、現状の自分はどうなのさ?

って話。

 

妻からは暴力を振るわれ、両親からも暴力を振るわれ…それでも毎週欠かさずホルモン注射を打ちに女装していそいそと出かけている。

 

自分こそ、家庭内で認知されていないじゃ無い?

 

家族からは全否定されているのに、思い込んだら命懸け…憐れだね。

 

どこかのブログでも言っていたけど、今の性同一性障害の環境って、異常なのよ。

 

本物なんて、本当にいるのか?も分からなくなっていて、単なる自己女性化愛症候群だったのが、いつの間にか性同一性障害を名乗っている。

 

『女装趣味のオカマ』

なのだけどね。

本当は。

 

この人…心は女かもしれない…と思った時もあったよ。

でも、ここ最近…酷いね。

頭は相変わらず男性のままだよ。

 

女性化ヒロイン症候群という別の精神病を患っているね。

 

本当は、全部妄想なんです。

 

って家族が精神科の隔離病棟に移してあげるのが社会の為でもあるのだけどね。

 

世間体を考えたり仕事とかを考えると…難しいかな。

 

急激な女性化が原因で、若年性認知症に掛かるケースもあるから、仕事でのミスで益々、自分を窮地に追い込んでいる姿…滑稽だよ。

それこそ、女性化によるヒロイン症候群なのだけどね。

 

いつもは短い記事しか書かないけど、今回は、酷く憤慨したのか…長々書いているね。

でも、中身が無い。

 

コメント欄も読んだけど…書いている人全員の脳は男だったね。

 

あのさ〜

 

本当に自分が女性と思っているのならば、こんな事に目くじら立てないよ。

もっと、可愛らしい事に目を向けるよ。

そもそも、あんなクダラナイ番組なんて見ないよ…普通ね。

 

最初の頃は見ていたけど、最近…コメンテーターの松本の顔が汚らしく見えてきて全く見なくなったな。

一旦興味が無くなると、見なくなるのが私だから。

 

自分の性別違和も今は、何だかどっちでも良くなっている。

 

自分のアイデンティティさえ保てれば、別に性別がどうこう言って何かが変化するわけでは無いから、平常心さえ保っていれば、殆ど問題無く生活が送れる方が喜びかな。

 

この感覚…なんだろ?

 

って、思い出したら…ああ、アレだ!

 

結婚願望。

 

友人が結婚する…と言うので、自分も早く結婚しなくちゃ…って思って出会いの会とかの集団お見合いとやらに参加した事が有ったけど…あの時の心境に似ているね。

 

焦るんだ。

自分も早く…早く…って。

 

周りで結婚する人が増えるのに、自分はまだ、そんな段階では無い。

 

性同一性障害とかも同じ感じかな。

別に知り合いでも無いけど、イチ読者として、今まではどう見てもThe男性だったのが、ホルモンし出して女性化し始めるのと同時に性同一性障害の診断書を貰い、顔とか骨格とか身体は殆ど男なのに、当然考え方とかも男なのに…

去勢して、その一年後にはSRSまでして、女性としての名前になり戸籍も女性に…

 

羨ましいわ…って、思ったね。

 

でもね…やっぱり、私とは違うんだよ。

その人の生き方が私とは違う。

 

前の会社をクビになったのは、ストレスから鬱を発症したせい。

その鬱の改善のためになのか…試しに女装して見たら…悦に浸れる自分がいた。

結婚とかもしているわけでは無いので、その気になれば女装好きの男と性行為が出来るかも知れない…。

最初は単なる好奇心。

でも、実際にしてみたら…この上なく気持ちが良かった…らしぃ

 

そりゃそうだろうね〜

 

今までは男として女を蹂躙する立場だったのが、自分が女装したら蹂躙される立場になるわけだから…新しい感覚の極致だね。

 

もしかしたら、自分は女なのかも?

 

はい!ここが、勘違いの原点です。

 

試験に出るからよーく、復習しておくようにw

 

この人の場合…一応大卒なのだけど、あまり頭は良い方じゃなかったみたいだね。

理論武装するのは、男性特有で、関係無い専門書をよく読んで『私は頭が良いんですよ』なんて涙を誘う自己表現していたけど、正直…アホです。

 

だって、途中から自分の女装写真を載せるだけでは飽き足らなくなってついには全裸の写真まで、載せるようになったから。

そしたら、読んでいた人からの指摘でこれまた、よせば良いのにムキになって反論して…墓穴掘ってるし…(^^;;

 

そんなに頭良く無いんだから無理する必要なんて無かったんだけどね。

 

大体、双極性精神障害って寛解する可能性…限りなくゼロに等しいのよ。

薬漬けになって、自分の頭の中で何が起きているのかも分からなくなるんだ。

 

でも、この人の場合は、その薬の方向性が、抗男性ホルモンに向かっていてね。

肝臓を壊したわけ。

中性化を求めていたらいつの間にか性同一性障害を発症?

 

いや

元々、そのつもりだったんじゃ無いかな?。

それを見抜けなかった精神科医は廃業した方が良いね。

脱毛やら色々やっていたみたいだけど仕事の方は…これまた上手くやったなぁ〜と感心するぐらいだよ。

 

精神障害の障害者向け支援施設からの就職…ご案内…1名さま。

 

これは、やり方が汚い!って思ったね。

確かに医者から診断されているから…間違いでは無いけど…

 

障害者枠で入ると、すぐに性同一性障害の診断書を盾にさらに障害者年金も受領。

 

この時ほど、この人に殺意を感じた事は無かったかな。

 

知っている人も少ないと思うけど、障害者枠で会社が雇用した場合のメリットって何があると思う?

 

補助金が貰えるのよ。

会社側にしても障害者枠で障害者をバイトなりパートで雇うとね。

 

私の職場でも知的障害者が多いけど、彼らは普通だと思うよ。

 

まぁ、この人の場合は…全てにおいて

男性の頭と心での行動がブログに記されているから…わかるんだ。

 

この人の場合はやり方は汚いけど、末路は見えているんだ。

結局娼婦にでもなるしか、自分が生きられる場所は無いって遅かれ気づくと思う。

 

でも、前述の人の場合は、違うよ。

 

元々…身体も心も男だもの。

結婚して配偶者もいるわけだし、もし、本当に性同一性障害だったら、結婚はできないよ。

必ず葛藤があるから。

 

ほんと…AGが多い世の中になったなぁ…と思う。

広告を非表示にする