性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

私の脳性別は?

前回の続きから。

 

番組を見ていたら、お酒に関しての事が。

 

肝臓の話がメインなのですが…

 

この肝臓というのは、毒素を分解する能力が、ありますがお酒だけに限らず男性が女性ホルモンを体内に入れた際に分解する能力があります。

 

要は…元々男性なのに何をどう勘違いしたのか…自分は女性の心を持って居る…と思った時点において、女性ホルモンを服用してみよう…としてみた場合。

 

その女性ホルモンの効き具合が肝臓の能力に関係して居る…と。

だから、急激に女性化を求めた場合はその肝臓を先に破壊してから女性ホルモンを服用すれば女性化を早める事に繋がる…

 

誰だ?こんなアホなやり方最初にやったのは?

 

脳が男性だからこそ、女性化を強く求めるんじゃないのか?

脳が女性だったら女性化を強く求めるのでは無く、むしろ混乱して苦悩するのが普通じゃないのか?

 

やっぱり、今の診断方法は間違って居ると思う。

自己女性化愛症候群をむやみに性同一性障害にして増やすべきでは無いと思う。

 

何が普段から女装して居るので私は性同一性障害です?

アホか?

 

女装と思った時点でその人は男性なんだよ。

女性が女性の服を着て女装って言うか?

普通に着て居るだけなのに女装じゃ無いだろ?

男性が男性の服を着て男装って言うのか?とも繋がるね。

 

男性が異性の服を着るから女装。

女性が異性の服を着ても男装とは言わない。

 

何故?

 

それは、社会の構造に原因がある。

この社会は男性や男性に似た者には寛容なんだ。

逆に女性に対してはどうなのか?と言うと、女性に対しては護るべき存在。

では、ここで、問題。

 

女性に似た者は、社会としてはどうしたらいいのか?

 

答え。

男性では無いので女性として認める社会。

これが一つ目の答え。

極真っ当な考え方と思う。

でも、もう一つの答えも忘れてはいけない。

 

本当の答えは…

 

女性に似た者は、どこまで行ってもヘンタイであるため、女性に近くしてしまおう…その方が判別しやすくなるだろう。

護るべき存在では無いが、害ある存在ならば抹殺も仕方がない。

 

これが、社会の答え。

だから、男性から女性に性転換するリスクが女性から男性に性転換するリスクよりも高い。

 

女性から男性になる場合は、症状が深刻では無い限り、抜け道があると思う。

女性特有の癌が、社会で認知されているからね。

でも、男性から女性になる場合は、男性特有の癌の発症率が低すぎる。

しかも、FtMの場合は比較的社会で寛容なのに対してMtFの場合は人間では無くなる可能性が高い。

リスクを考えるとFtMの方が生活しやすいと思う。

MtFの行き着く先は…風俗になってしまうケースが多いね。

 

女性から男性になる場合は、乳房の有る無しはさほど問題にならない。

乳癌もあるから、その気があれば無い方が良いかもしれない。

でも、子宮摘出や卵巣摘出は、それらの癌の発症率も高いから無い人も居ると思う。

でも、病気で摘出された人は、果たして性同一性障害か?

違うだろ?

十分女性で居られる。

性同一性障害で、自ら乳房を摘出する人は居る。

子宮摘出をする人も卵巣摘出する人もいるけど、死に対するリスクが強くなると思う。

それほどまでに難しい手術になるから今まで治療が難しいとされていた。

 

女性から男性になった人は、自殺自体が少ないと思う。

それは、男性脳に近い構造だから。

つまりは、本物の性同一性障害であると言う証拠。

 

でも、男性から女性になった性同一性障害の殆どの脳は男性脳のまま。

構造というか、過程が丸っ切り違うのが、性同一性障害MtFと自称している人達だけ。

 

私が嫌悪しているのは、この自称性同一性障害MtFの人達。

 

私とは明らかに違う過程を歩んでいるから。

脳の構造が男性のままなのに、女性ホルモンで脳が女性化したところで、やっぱりどこまで行っても男性脳の呪縛からは逃れられない。

 

空間認知とか。

そー言えば、自称性同一性障害MtFの多くは、そうした男性脳を多用する仕事に就いている印象を受ける。

私も例外なく…空間認知ぐらいはできる。

ただ、不思議なのは、色彩感覚は女性の方が優れているとされているが、私も色彩感覚テストでは女性と同じ結果になったし、味覚に対しても、衰えていない。

嗅覚も女性と同一結果になった。

 

片頭痛もするなぁ…

 

色彩感覚に関しては、今まで見てきた自称性同一性障害MtFの多くの人がファッションセンスが無いように見えるのは…たぶん、色彩感覚が関係していると思う。

つまりは、元々男性脳だから…で結論に達する。

 

男性脳で男性の身体なのに心だけは女性?

 

これって、脳科学としてあり得るのか?

 

性同一性障害FtMの場合の多くは男性脳を持ち心も男性に近いが身体が女性だから不一致が生じる人が多いらしい。

 

これなら、納得出来る。

でも、性同一性障害MtFの場合の多くは違うと思う。

何か…男性としての計算が行われている気がする。

 

なんか…嫌だ…

 

私は、性同一性障害とは名乗っていない。性別違和がある。

その性別違和は、異性装で何とかなるものではなくて、日々苦悩している。

診察やら治療でなんとかなる物ならとっくに行ってる。

何とかならないから…苦悩するしか無い。

 

辛いよ…

 

脳が男性脳とは違うから…

女性脳に限りなく近いのに心が女性に近くなっているから。

身体は何だか中途半端。

恋愛対象は、男性でも女性でも無い。

 

私に安らぎが与えられるのは絶対的な死だけ。

 

ほんと…まともに産まれたかったな。

どうせなら。

 

いつか…女性でも男性でもなくて良いから普通に生きられる日が私にも訪れるのかな?

そしたら、私は…残された日々が潰えるまで今まで通りに生きてみようとおもうかも。

広告を非表示にする