性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

結局、GIDって男性脳じゃ無いのかな?

男性脳と女性脳の事なのですが、今、GIDの認定を受けて治療?している方の多くは、殆ど男性脳では無いかと…。

 

女性脳でしたら…ブログとかは当然毎日思い立ったら書いているはずですが…

書いていない人の方が多いようです。

 

ブログって日記みたいな事なのだと思いますよ。

書くことが無くても、書きたい、伝えたい、残したいと思う気持ちが大切なのだと思います。

 

そのブログを単なる事後報告みたいにしか、書けないのは、単に男性脳だからでは無いですか?…という話なんです。

毎日書いていたはずのブログ…最初の頃は…ですね。

でも、時間の経過とともに書けなくなるのは、単に男性脳だからでは?と思います。

 

ネタが無い…のでは無く、書くのが面倒に思えること自体…男性だからでは無いでしょうか?

 

私は日々思いがたくさんありすぎて、全部吐き出すまでは書き続けています。

書くことが好きなんですね。

 

この感覚…男性脳のGIDMtFの方には分からないかな?

 

女性脳であれば、書きたいと思った時間に書いていますよ。

別ブログの方で、相互読者になっている方は明らかに女性と分かるのですが、毎日三回以上アップしています。

 

同じように男性の方は一日、一回が限界のようです。

 

でも、そういう事を考えると私の場合は…やはり女性脳なのかも。

だとしたら…今置かれている状況は…

 

哀しくなります。

 

小さくなった男性器。

これが、いっそこのまま小さくなり続けて…なくなって仕舞えば良いのに…と何度思ったことか。

 

自己女性化愛系GIDMtFの方は、何故か…一様に…去勢を求めますよね。

でも、私の場合は陰茎自体を先に切除したいと思っていました。

 

去勢はその後で良いから…とにかくこれを無くしたいと思い続けていました。

この辺が他の自己女性化愛系GIDMtFと違う点なのかも。

 

睾丸を摘出するよりも切除を先に望んでいるなんて…やはり、私は…

 

壊れているのかな?

 

修理は出来ませんけど、とりあえず

まだ、もう少し生きてみようかと思っています。