性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

音楽の好み

ちょっと、性別何たらかんたら…から離れて、私の音楽観を書いてみようかな。

 

小学生の頃までは主にクラッシックばかり聞いて居ました。

好みが極端に変わったのは中学生の頃。

クラッシックから、電子音楽系になってその流れで洋楽に手を出して居ましたね。

 

クラッシックをポップ調にした、フックとオンクラッシックを聴き始めたら、その橋渡しに冨田勲電子音楽系が…

それでも、クラッシックな音楽ばかり聴いて居ました。

洋楽に最初に手を出したのは、友達の影響でしたね。

当時…電子音楽系のロックなんて、あまりありませんでしたが…YESなんて聴いていました。

一度ハマると…抜け出せないのが、私らしいので、レコードはかなり買い漁りました。

その内にYESメンバーのリックワークマンかな?

その人の音楽にハマりました。

普通の洋楽のハマり方では無いです。

同世代の他の友人達は、まだ日本の歌手に夢中でした。

洋楽なんて不良が聴くものだ…なんて考え方をしていたぐらいですから。

 

日本の歌手の歌を聴く様になったのはごく最近です。

それでも、好きな曲は?というと、何故かロック系ですね。

 

高校生になった頃には、パンクロックをよく聴く様になりました。

 

その中に、RCサクセションがありました。

今は亡き…忌野清志郎氏ですね。

当時の私は写真部の部室の中にラジカセを持ち込んで音楽を流しながら写真を焼いていた記憶があります。

 

代表曲の『雨上がりの夜空に』は当時意味がイマイチわかりませんでしたが…今は分かりますね。

トランジスタラジオ』も。

高校生の頃は、まともに理解出来ていませんでしたか…何故か今聴くと懐かしさに溢れます。

 

RCサクセションのライブというか、コンサートは、何度か行きましたよ。

本物の忌野清志郎氏を見れたことは、一生の思い出になりました。

 

昔は、よく地元のコンサートホールでツアー中のアーティストが訪れてやってましたね。

今も…時々訪れてコンサートしているみたいですが…正直行っている暇ないです。

入場券も高いですしね。

 

高校生の頃にもう1人…ハマったアーティストがいました。

 

さだまさし氏です。

 

母の影響でしたね。

母が好きな曲に『つゆのあとさき』があります。

私も好きな曲でして、他にも『主人公』とか。

ライブコンサートにも行きましたよ。

3回ぐらい行ったかな。

 

私の音楽観は、母の影響が強いです。

 

今は、ゲーム音楽の方がノリが良いのでよく聴いていますが…

一度好きになった曲は、今も好きです。

 

XJAPANも母の影響だったかなw

 

今では私の方が詳しくなってしまいましたが。

 

こう考えると、音楽一つ取っても、親の影響が如何に強いかわかると思います。

だからこそ…です。

 

私の性別違和も…私を強く影響下に置いた母に伝えてから、人生を終わりたいと思っています。

 

自死は、私の宿命上あり得ませんから。

母が元気な内に…ね。

 

いつになるかな…

わかりません。

今は、ただ時が過ぎるのを待つだけです。

広告を非表示にする