性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

何か、厭

ネタを探している自分に気付くと…

なんか、イヤと思うようになった。

 

性別違和というカテゴリーにしか、私の居場所は無いのかも。

 

性同一性障害とは、少し違う気がする。

 

昔は楽しかった。

女装しても嬉しさがあってその後の罪悪感で、我に還る。

 

今は、嬉しさも無く罪悪感も無い。

自然な気持ちで居られる。

 

ふと、元何たらかんたらで今は女性とかいう人…あのツイッターでのプロフィール写真が気になった。

 

アレは…どういう意味なんだろ?

既に女性として生活しているはずなのに、どうして…全裸写真を壁に掲げているのだろうか?

 

不思議です。

 

本人は赤い口紅をつけて、女性らしさを見せつけているけど…どこか骨格が男らしい。

まぁ、骨までは女性化出来ないからね〜

 

あの背後の壁に掲げられた写真。

 

私はむしろその方が気になった。

 

拡大して見てみると…

どうやら、自分というより他の女性の全裸写真を掲げて自分の目標としているかのように…見える。

 

コレって…^^;

 

サイコを感じる。

 

普通は…

男性だった頃の証拠は消すんだよ。

全部無い方が良いから。

妄想する必要も無いからね。

他の女性を見本にする必要も無いんだ。

だって、もう男性では無くて女性として暮らしているわけだから。

 

でも…

この人は違うみたい。

未だに飾っているみたい…

なんか、恐ろしさを感じた。

 

そう言えば他の性同一性障害を謳っている人達も男性である序盤の写真を大事にしているね。

あの感覚は、私には分からないな。

 

私は、自分の写真を…自撮りね。

そういうのを、取っておくことは無い。

保管すらしていない。

女装した写真は、デジタルデータの中に確かにあるけどネット上には置いていない。

危険が沢山だから。

 

でも、性同一性障害と謳っている多くの人は、何故か終始後生大事に持ち続けているよね。

治療過程な人も居るけど、終了して女性に成ったのだから必要無いと思うけど…何故か持ち続けて居る。

 

私にはその感覚がどうしても理解出来ない。

 

何故なんだろ?

 

何故、男性から女性に成ったのに、男性の頃を思い出したかのように振舞おうとするんだろ?

普通の女性として生きれば暮らせば良いのに…

 

そこが、私と違う点かな。

 

そして、それこそが…

 

自己女性化愛症候群という…意味?

 

なんか…怖く成ってきたよ。

背筋が凍る感じがする。

 

性同一性障害は、環境とかの影響もあるけど、幼い頃に感じる性に対する違和感が発端だと思う。

 

でも

自己女性化愛症候群は、大抵大人として成人して金銭的にも恵まれるように成ってから…何故か最初の発症がある。

 

本来なら区別されるべきなのだけど、医者も客商売なので、安易に認定書を渡してしまう。

一応、カウンセリングとかはするだろうけど、患者本人から強く訴えれられれば認定書を発行するしか方法は無い。

 

明確な基準点はあっても、心の推移は、分からないから。

自己申告制の矛盾点を突く事は基本的にはしないから。

 

本当に性別違和を持っていて、性同一性障害かどうなのかも分からない場合…

普通は悩むんだよ。

精神科の扉の前で躊躇するんだ。

なんて言ったら分からないから延々悩むんだ。

 

女になりたい…

 

それじゃあ、何故なのか?

自分で消化出来ていない。

 

女性としか思えない。

 

考え方も?

 

何もかも?

 

女性で居る方が楽だから。

 

だったら、敢えて女性化させる必要なんてあるのかな?

 

私が言いたいのは…

 

男性から女性になる為の必然性なんだ。

 

社会的に女性で生活した方がメリットがある…と考えるのが自己女性化愛。

 

性同一性障害とは根本から違うんだ。

性同一性障害は…ね、今の自分の性別がそもそも、間違って居ると考える。

何故、自分はこんなに女性としての生活が成り立つはずなのに男性なんだろう?と考える。

そこに、社会性は無いんだ。

社会でどう暮らすのか?

なんて、事は考えない。

 

自己女性化愛にとっての異性装は、快楽の延長なのだけど、性同一性障害の異性装は、成り行きの場合が多い。

だから、説明しても説明されても分からない。

 

男性で居たまま女性としての生活できるのであれば、それでも良いけど社会保障は何故か男性のまま。

だから、躊躇してしまう。

 

思い切りが良いのは自己女性化愛の方だね。

女性としての社会保障を強く求める。

また、高学歴や、高スキル保持者に自己女性化愛は多いね。

 

性同一性障害の場合は、幼少期からイジメられっぱなしだったから、あまり高学歴とは言えないけど本を読んだり音楽を聞いたりするのは好きな傾向にあるね。

 

つまり、根底から判断が間違って居るのだけど…自己女性化愛は自分を性同一性障害と思って居るからタチが悪い。

いや、別に喧嘩を売ってあるわけじゃ無いよ。

勘違いの可能性を示唆して居るだけだからね。

それに比べて性同一性障害というか、性別違和がある私とかは、性同一性障害と言われるのを極端に嫌う。

 

それは、何故か?

 

性同一性障害は、障害者では無いと思って居るから。

身体は確かに男性のように見えるけど、やってる事は全部女性寄りだから、混乱し続けて居る。

 

困ったもんだ…

 

性別違和の性同一性障害は限りなくゼロに等しいぐらいしか、居ないんじゃ無いかな。

 

だって、日々リアルライフテストの為に女装し続ける…なんて、ナンセンスだよ。

ファッションの意味すら分かって居ない人の戯言だよ。

着たい服を着るのではなく、着なければならない服を着るって…どこの社会主義国なのよ。

っていう話。

 

政治家たちは、性同一性障害に関する特例法が成立した事で安堵して居るみたいだけど、現状…何も解決されて居ないね。

ただ、法律で、家族間に論争を巻き起こして、長男から長女になった人が多くなり、中には長男から三女になった人も居るかな?

 

家庭内から父親以外の男性がいなくなって、誰が墓を守るんだ?って話になった時…その人はどうするつもりなのかな?

他の女性家族同様に、墓仕舞いを考えるのかな?

誰が喪主を?

元長男で今は三女として娘になった…元男?

 

なんだか、家族というのを、壊した法律みたい。

まぁ、中には娘になった元息子を溺愛する親もいるかもしれないけどさ。

それは、将来を考えていない証拠。

 

みんな、分かっていないんだ。

未来のこと…見えない人が多いからね。

 

まだ、私には疑問点が、多すぎるよ。

もう少し考えてみる。

 

まぁ、そのうち考えている間に、アレ?な人生の幕が降りるかもしれないけど、それはそれでも良いかな…と思う。

 

でもね…本当はそれが一番幸福な出来事と思うんだ。

生まれてきた、性別で違和感を感じつつ…性同一性障害でも自己女性化愛で良いから…昇天出来ればなんでも良いや…

 

そう思う心が…私は本当の意味での性同一性障害を持つ存在だと思う。

広告を非表示にする