性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

なんか、勘違いがすごい事になっているなぁ〜

おはよ〜

 

趣味と化したGID関連ブログ探索ですが…

 

またまた、やってくれました。

妻帯者の自称GIDの方。

家庭内暴力?とかに泣いている…オトコですね。

 

御本人は『私は女性』と思っている様ですが…

 

いやいや、それは男性も女性も関係無いですよ。

という話なのですが…

 

庭の梅の木の剪定に休日なので男装する事になった様です…が!

 

いや、普通当たり前でしょ?

って話なんです。

 

だって、子なし既婚者なワケでしょ?

いくら、ホルモンで身体が女性化していても、奥さんが認知していても、家庭内で一応男性であるワケだし…そんなの女性も男性も関係無いです。

 

剪定でしょ?

 

って話。

 

高枝切バサミで枝を切っていくだけなのに、なんで、あんなにオーバーな話になるワケ?

 

腕がプルプル震える?

 

いや、当たり前でしょ?って事なんです。

 

だって、太い枝を切ろうとすれば私だって両腕プルプルですよ。

だから、私の場合は電動の剪定バサミを購入したんです。

 

要は道具なんですよ。

 

毛虫キラーイ?

 

はい。私も嫌いです。

母は平気で踏み潰しますけど私には無理ですね〜

 

この人のブログを読んでいると、私の方が女っぽいです。

 

メイクもしてなーい?

 

いやいや…それは、当たり前でしょ?

まあ、せめてUVケアだけは、しておいている筈なので…というか、あえて書くことか?これ?

 

もうね…いや、この人色んな矛盾を持っていて自覚していないから、逆に面白いよ。

 

女子では無いのに女子会?

 

この人にとっての女性の定義って何だろう?

と考えますね。

 

たかが、庭木の枝切りから始まって、いかに自分の身体が女性化している〜

のアピールですか?

 

意味ないのになぁ…そんなの。

だって、そういう事を書く自体…元々の脳が男性であるという証拠なんですけどね。

 

『ワタシ可愛い?』

 

はいはい。カワイイデスヨトッテモ

 

不思議な事に、この人のブログ文面には、足りない文言があります。

残念と言えば残念なのですが…

 

ごく当たり前の日常なのに凄く話がオーバーになっている点ですね。

女性では無いのに女性と思い込んだ男性なのですけど、哀れに見えます。

 

奥さんが鬼嫁みたいな感じで時々書かれていますけど…これもある意味DVなんですよ。

自分が、DVに遭っているみたいな書き方をしていますけど、本当は自分が嫁、家族に精神的なDVをしているんです。

その事を自覚していないから始末が悪い。

ほんと…ご家族の方の事を思うとお気の毒です…。

 

確か…性同一性障害の定義って、心が身体と反対の性のために起こる障害だったような…

 

休日なのに男装は嫌。

メイクも無し。

なんで、女の子の私が剪定なんかしなくちゃならないの?

汗で背中ビッショリ。

でも、シャワーとか浴びたら眠気が…

炎天下だったので、頭もクラクラ。

それでも、夜には女子会に呼ばれたので女装してフルメイクで参加してきた。

 

…ツッコミ所満載なんですけど…^^;

 

この人…もしかしたら、本当に心は女性なのかも。

だって、本物の男性でもこんなに女性をバカにした事なんて書きませんよ。

(本物の女性でも、書けませんけどね)

 

この人の中では、『女は基本的にバカ』が強いのかな?

女性蔑視が、甚だしいです。

 

この人…この人の本心はどこにあるのかな?

 

大体…いちいち、ホルモン回数ブログに上げるぐらいですからね。

それって、なんの意味があるのかな?

書いている本人も分かっていないんじゃあ?

回数なんて、関係無いんですよ。

本当は…

年数なんですよ。

何年したのか?

その年数によって、次の段階に進めるか?どうか?が、分かるんです。

 

まぁ、次の段階っていうと…

去勢ですか?SRSですか?

戸籍を女性にするには、離婚も必要になって来ますね。

職も変えて…家族達とも別離。

 

それって、寂しく無いですか?

 

私は、その選択を最初から排除していましたね。

私には、使命がありますから。

私の代で、この呪われた血を終わらせる…という使命です。

 

ここが、他の性同一性障害の方達と違う点かな^_^