性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

嘆くよりも…出来ることから

趣味としている…^^;

ブログ探索も今は平穏。

 

ですが…

 

1人だけ気になる方がいます。

 

若いから余計にね。

 

ブログ更新が、先月までで、止まっているんですよ。

あれだけ、毎日書いていたのに?

 

うーん、他人だけど心配だな…

 

唯一まともな事を書いている性同一性障害の方で、MtFの方。

でも、本人は遺伝子レベルでの性転換を望んでいる。

 

うん…わかる。

私も同じだから。

 

でも、生まれ変わる事が出来るのなら…私はあえて…生まれ変わる事を望まないかな。

だって、辛すぎるもの。

 

オトコなのにオンナみたいな気持ちを持ち続けて生きているから。

 

恋って何?

 

愛って何?

 

私にはわかりません。

 

そーいえば、先日…懐かしい夢を見ました。

 

高校の時の同級生だった女子の夢。

夢の中では成長していて…すっかりオバさんになっていた。

 

アレ?

 

なんで?

 

って思った。

だって夢って記憶の整理から見るもので、未来を見ることなんて本来ならば出来ないはず。

 

彼女は、昔と同じように溌剌とした笑顔で私には問いかけてくるけど私には答えられなかった。

 

だって…

 

その子は…

 

もう…

 

この世には居ないのだから。

 

私と同じ時間を過ごすことはもう無い。

天に召されている。

 

だから…懐かしく感じた。

 

そういえば、毎年この時期になると、この子の夢を見る。

何かあるのかな?

 

私はまだ…オトコとオンナの狭間にいる。

昔は、いつかオンナになってお嫁に行くと思って居た。

でも、現実は違う。

今は…いつ死のうか?

なんて事を思いながら毎日気を紛らわせる為に仕事に出掛けている。

 

病んでいるんだ…私の心は…かなり前から壊れている。

 

もっと早く気付くべきだった…

 

今はもう遅いけどね。

 

だから、今は…その時が訪れることを誰よりも願っている。