性別違和、私の取説

GIDとか性別違和に関する私の愚痴

4ヶ月経過

ここにブログを書き始めて、明日で4ヶ月になるのかな。

 

これまで、批判とか沢山して来ましたけど、ブログ巡回なんてしていますと、イルワイルワ…

似非GIDMtFの人の多い事。

 

大抵、女装からスタートしていますよね。

アレって何だろ?

しかも、子供の時からでは無く、大人になってから。

 

自分で通販とかで買い物ができる様になってからが最も多いですね。

 

最初は女装趣味というより、コスプレから。

当然、風俗に行った経験もある…

 

え?

ですよ。

性同一性障害なのに、女性と結婚したり、風俗でヤッタリする当事者が多い事。

 

あり得ませんよ。

 

本当に性同一性障害であるのならば…

性同一性障害MtFであるのならば、そもそも、彼女が欲しいなんて欲求や彼女と同棲していた…なんて事はあり得ないんです。

 

だって、ルームメイトでも無いし、相手あっての事ですからね。

相手がノーマルな場合が殆どなんですよ。

男性と生活していた…というのならば、同性愛の場合もありますけど、そこから性同一性障害に発症する可能性は無いんじゃ無いかな?

 

だって、同性愛なんですよ。

性同一性障害は基本的には異性愛が正常なんです。

身体は確かに男性ですが、心が女性であるのならば、恋愛対象は、当然男性になりますが、同性愛では無いのは、恋って心で触れ合うものだから。

 

プラトニックな愛というのが、ありますけど、性同一性障害であるのならば、それが自分の愛そのものなんです。

 

そう仮定しないと、私は無駄な人生を本当に歩んでいたんだな…と^^;

 

まぁ、私の個人的な見解ですけど。

 

本当に性別違和で、苦悩しているのならば、心療内科やら精神科の扉を叩く事は無いです。

 

だって、生活していく過程で、自分の中にそれを封じ込める事も可能なのが性同一性障害ですから。

当然、両親のことも兄弟姉妹の事や交友関係全部も考えます。

 

自分一人で解決出来なかったら、カミングアウトも有りかもしれませんが、現実的では無いです。

 

資本主義社会の中で生きていくにはお金が必要で、その為に生きて生活する為の仕事も必要です。

 

そこに、性差は無いです。

 

男性であっても女性であっても等しく平等である…と憲法にも書かれています。

 

でも

似非GIDMtFの人達は、今を生きたいわけで…それも何十年間と本来の性別で生きて来て、たった一つの出来事でそのコマの人生を全く別の異性として、二重の性別で生きていく…

 

羨ましいと思った時期もありますが、今は嫌悪ですね。

 

明らかに私とは違うから。

 

おそらく、肉親でもある父が逝去した事が一番影響受けたかな。

 

残り少なくなった人生ですが、来世に期待は無いです。

むしろ、人間は…もう…沢山。

 

純愛で、生きられない世界は、私には不要です。

 

男だろうが女だろうが…平穏な時間を過ごす事が出来れば…

 

私はそれで、良い…です。

広告を非表示にする